男性の憧れであるナースと出会いたい

ナースという言葉も、今は死語になりつつあります。
今は看護師という言葉が使われるようになり、ナースという表現はしてはいけなくなったのです。

とは言っても、それはあくまでも職業上のことであり、男性からすれば今でもナースというのは、憧れの存在だと言えます。
現に、アダルトビデオでもナース系作品は数多くありますし、風俗でも必ずと言っていいほどナースのコスプレはあるわけです。

さて、そんなナースさんと、できることなら出会ってエッチがしたいと思う人もいるでしょう。
もちろん、合コンなどに参加をすれば、ナースさんとお近づきになれる機会はあるかもしれませんが、なかなかそれも難しい人も多いでしょう。

そこで、今や大半の人が利用していると言われている、援助交際サイトを使ってナースと出会う方法があるのです。
確かに、援助交際サイトを利用しているナースさんもたくさんいるでしょうが、一体どうやって出会うことができるのでしょうか。

ナースでも、やはり男性とのお付き合いを楽しんだり、あるいはエッチをしたいと思っていることは多いのです。
特に職業柄、勤務時間が不規則になることも多いでしょうから、なかなか恋人を作れない人もたくさんいるのです。

だからこそ、援助交際サイトの掲示板などを利用して、お会いできる男性を募集したりすることも多いわけです。
忙しいナースにとっては、とっても効率の良い手段だと言えるので、かなり多くのナースが掲示板に書き込みをしているのです。

したがって、援助交際サイトの掲示板を日々チェックしていけば、結構な頻度でナースと巡り合うことができるわけです。
後は、ナースさんのプロフィールなどを確認して、果敢にアプローチをしてみるといいでしょう。


目次
1.男性の憧れであるナースと出会いたい

2.世の中の進化とともに

3.ぽっちゃりや微乳の女性が好きな男性にも活用できる

4.援助交際の行く末

5.援助交際を止めさせるには

世の中の進化とともに

携帯電話やスマートフォンが日常生活において欠かせないアイテムとなった今、「ポケベル」といってもその存在をご存知ない人も少なくないかと思います。
ポケベルは「ポケットベル」の略称で、電波を使って特定の端末に信号を送る通信方法です。
最初のうちはただ呼び出し機能だけしかついていませんでしたが、やがてディスプレイにテキストメッセージを表示することが可能となりました。

とはいえあくまでも片方向からの通信しかできなかったので、メッセージを受けた人は送り主に電話をし直さなければならないなど、今から考えると使い勝手はあまりよくなかったものです。
しかし連絡方法が固定電話しかなかった時代に、ポケベルは大変もてはやされました。
1990年代に援助交際がブームになったころはこのポケベル全盛時で、援交の相手とのやり取りに活用されたものです。
しかしその後携帯電話の出現により、その利便性から連絡はポケベルではなく携帯電話が使用されるようになりました。

さらに、インターネットの普及によって援交の相手を探すのも容易になりました。
こうして、援助交際をするための環境がますます整っていったのです。
世の中が便利になるのは好ましいことですが、援助交際を行なうのも便利になっていくというのは間違った方向であるのは当然です。
とはいえそれを使用することを規制することもできないので、いまさらどうしようもないというのが実情でしょう。
ただ、援交をする少女たちをそのまま放っておくわけにはいきません。
我々大人が手を尽くして、彼女たちを外れた道からまともな道へと導いていかなければならないのです。

ぽっちゃりや微乳の女性が好きな男性にも活用できる

全ての男性が、スタイルの良い女性、巨乳の女性が好きだというわけではないのです。
ぽっちゃりの女性や、微乳の女性が好きだという男性もたくさんいるわけです。

そういった女性が好きな男性にとっても、カカオトークや援助交際サイトは大いに活用することができるのです。
まずは、掲示板の方で女性を探してみると、思っている以上にぽっちゃりや微乳の女性が多いことが分かるはずです。

書き込み内容やプロフィールの方に、自分の体型やバストを書いている女性も多いのですが、ぽっちゃりであることや微乳であることを、堂々と公開している女性もたくさんいるのです。

昔は、そういったことを公開するのにほとんどの女性は躊躇いを持っていました。
でも今は、男性の好みやタイプも多様化していますから、逆にそういったことを武器にできる時代になったのです。
だからこそ、ぽっちゃりでも微乳でも、それを躊躇いなく公開することができるわけです。

掲示板でも、その趣旨を記載しておくことによって、自分にアプローチしてくれる男性がいないかを期待することができるのです。
そして、もし男性が「よろしければ援助交際サイトでやり取りしませんか?」と誘われると、喜んで応じるわけです。

つまり、ぽっちゃりや微乳の女性というのは、こちらの誘いに応じてくれる確率も高いわけですから、より出会える可能性やエッチができる確率も高くなるわけです。

お互いのことを詳しく知りたいのであれば、カカオトークや援助交際サイトの方でじっくりとコミュニケーションを取っていけばいいでしょうし、まさに優れたツールになってくれるのです。

援助交際の行く末

人間というのは「弱い」生き物です。
この場合の「弱い」というのは精神的な弱さを示していて、悪いこととは知りつつもなかなか一度ハマってしまうと抜け出すことができなくなってしまいがちです。
援助交際もそのひとつです。
援助交際は、一般的なアルバイトや仕事で稼ぐ何倍もの金額をわずかな時間で手に入れることができます。
特に援助交際をする女性の中で多くの割合を占める女子高生にすれば、コンビニなどの1ヵ月のアルバイトで稼ぐ金額をたかが数時間で得ることができるのですから、まともに働くことがバカらしくなってしまうのは仕方のないことかもしれません。

そして援助交際の怖さは、一度その感覚が身についてしまうとそこから逃れるのが非常に難しい点にもあるのです。
援助交際で手に入れたお金は、オシャレな洋服やアクセサリー、ブランド品を買ったり、おいしい食事をしたりと、自分の欲望のままに使われます。
しかし、いくらたくさん稼げるといってもそんな浪費をしていてはすぐにお金は底をついてしまうことでしょう。
すると、浪費で贅沢する快感を覚えてしまった女性はまた簡単に大金を稼ぐために援助交際を行なうこととなるのです。

その結果、いつまで経っても援助交際から抜け出せなくなってしまうのです。
けれども援助交際のピークは女子高生から20歳位程度まで、それ以降は「需要」がだんだんと少なくなっていきます。
そのために援助交際をする機会も徐々に減っていくのですが、相変わらず贅沢な暮らしを忘れることはできません。
したがって、より多くのお金を手に入れるために犯罪にまで手を染めることにもなりかねないのです。

援助交際を止めさせるには

援助交際をしている女子高生は援助交際が悪い事だとは思っていません。
自分の身体は自分のものだし、どうしようと自分の勝手。
セックスなんて減るものではないし、こんなに効率よく稼げる手段は他にない。
多少リスクもあるんだろうけど、リスクが起こる確率はそれほど高くないから気を付けていれば大丈夫。

そんなふうに考えている相手に援助交際をしてはいけないという精神論を語ったところで心には響かないでしょう。
精神論はもしその援助交際をしている女子高生が自分が母親という立場になり、娘が生まれた時に初めて反省するものなのかもしれません。
どっちみち高校生の現時点で援助交際を止めさせる事は難しいでしょう。

しかし別の方法で説得する事は可能です。
例えば本当に援助交際が効率よく稼げる方法なのか?という点です。
援助交際で稼げる期間なんて人生においてほんの短い期間にすぎません。
そんな事をするよりも、学生のうちは学業をしっかり行い、自分の将来をどうしたいのか、そしてそのために今何を勉強するべきなのか?
考える事が大切です。例えば高卒と大卒とでは生涯年収に大きな差が生じます。
それは援助交際で今稼げる金額とは比べ物にならない額です。

つまり先行投資という考えなのです。
今真面目に勉強し、必要な資格を取得しておく事、その方が長い目で見た時に自分の力で確実ん稼げる方法なのです。
若さは一瞬で失ってしまいます。若さよりも実力を手に入れておく方がよほど賢い選択だと言えるでしょう。
その事を理解したら、貴重な高校生活を放課後援助交際でお小遣い稼ぎする事がどれだけ時間の無駄遣いかという事に気づけるはずです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.